ご隠居の世相斬り

ご隠居先生が世相や教育を斬りまくる 痛快無比

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

プロフィール

ご隠居先生

Author:ご隠居先生
学校の先生を目出度く定年退職。
ご隠居生活を謳歌してござる。
暇に任せて世相や教育についてご意見申し上げる。
誰にも憚ることなく斬って斬って斬りまくる所存でござる。
各々方、覚悟召されよ。
FPもやっているので、好きな経済関係にも発信します。

訪問者

最新トラックバック

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学校・教育
1452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
学校
422位
アクセスランキングを見る>>

日本は国連脱退か?

報道によると、以下のようなことがあった。

安倍晋三首相宛ての公開書簡で、「共謀罪」の趣旨を含む組織犯罪処罰法改正案に懸念を表明した国連のプライバシー権に関する特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏は二十二日、菅義偉(すがよしひで)官房長官が同日の記者会見で抗議したと明らかにした日本政府の対応を「中身のないただの怒り」と批判し、プライバシーが侵害される恐れに配慮した措置を整える必要性をあらためて強調した。電子メールで本紙の取材に答えた。
 ケナタッチ氏によると、「強い抗議」は十九日午後、国連人権高等弁務官事務所を訪れた在ジュネーブ日本政府代表部の職員が申し入れ、その後、約一ページ余りの文書を受け取った。しかし、内容は本質的な反論になっておらず「プライバシーや他の欠陥など、私が多々挙げた懸念に一つも言及がなかった」と指摘した。
 抗議文で日本側が、国際組織犯罪防止条約の締結に法案が必要だと述べた点について、ケナタッチ氏は「プライバシーを守る適当な措置を取らないまま、法案を通過させる説明にはならない」と強く批判。法学者であるケナタッチ氏自身、日本のプライバシー権の性質や歴史について三十年にわたって研究を続けてきたとし、「日本政府はいったん立ち止まって熟考し、必要な保護措置を導入することで、世界に名だたる民主主義国家として行動する時だ」と訴えた。
 ケナタッチ氏は日本政府に引き続き、法案の公式な英訳文とともに説明を求めている。菅官房長官は二十二日、ケナタッチ氏の書簡に「不適切だ」と反論していた。

日本政府は国連の警告に対して拒否し反発している。
日本は国際基準からずれ始めて独りよがりになっている。
国連の基準は先進国の基準になっている。
安倍首相がよく使う「自由と人権と民主主義を価値観とする国」の仲間から外れることになる。
日本は国際的に孤立状態になりつつある。
突き詰めていくと、日本は国連を脱退することになる。
過去に、日本は国際連盟を脱退した。
今の日本政府は、その時の態度と同じだ。
国際連盟を脱退した後、日本は世界的に孤立し経済封鎖をされ、太平洋戦争へと進んでいった。


1933年2月、国際連盟総会は日本の満州からの撤退勧告案を可決、翌3月日本は連盟脱退を通告した。

 日本は1931年、現地軍の関東軍が独自行動で満州事変を起こしたのを機に中国への侵略を開始、満州全土を制圧して、1932年3月に傀儡政権満州国を建国した。これに対して、中国政府は国際連盟に満州国建国の無効と日本軍の撤退を求めて提訴した。それを受けて国際連盟はリットンを代表とする調査団を派遣した。リットン調査団は1932年3月から6月まで現地および日本を調査し、リットン報告書をまとめた。報告書は日本の侵略と認定した。ただし満州に対する日本の権益は認め、日本軍に対しては満州からの撤退を勧告したが南満州鉄道沿線については除外された。
 1933年2月、国際連盟総会はリットン調査団報告書を審議、日本の代表松岡洋右は満州国を自主的に独立した国家であると主張したが、審議の結果、反対は日本のみ、賛成が42カ国で可決された。これを受けて日本政府は翌3月、国際連盟脱退を通告した。
 

前文科省事務次官の暴露記事の怪

読売新聞は22日付朝刊で、文部科学省による天下り斡旋問題で引責辞任した前川喜平前事務次官(62)が在職中、援助交際の交渉の現場となっているとみられる東京都新宿区歌舞伎町の出会い系バーに、頻繁に出入りしていたことが関係者への取材で分かったと報じた。
加計学園問題に関する文科省からの暴露書類の流出と関係があるのではないか。
文書をマスコミにリークした文科省官僚が前川氏だったのかもしれない。
読売新聞はどこから前川氏二関する情報を得たのだろうか。
安倍政権の広報誌化している読売新聞だから、政府からの情報だろう。
読売新聞の記者が取材したものとは考えられない。
政府は警察組織を使って官僚達の行動を監視しているようだ。
官僚の身辺の情報を握っていて、反抗する官僚の不利益情報を身内の情報機関にリークする。
それが怖くて官僚は萎縮する。
前川氏は冷凍機器のトップ企業前川製作所創始者の孫で東京大学法学部卒だ。
中曽根元総理とも親戚関係というエリートだ。
しかし、本当の愛国心の持ち主かもしれない。
「騎兵隊 前へ」というブログを持っていて読んでみるとなかなか気骨のある内容だ。
しかし、2006年いらいブログは更新されていないようだ。
前川氏は現在62歳なので、51歳でブログを更新しなくなったようだ。
記事によると、前川氏が出会い系の店に出入りするようになったのは、2年前で60歳定年の後のようだ。
一番気が緩む時期で、よくある話だ。
加計学園問題は大問題だが、前川氏の出会い系出入りは小問題だ。



官僚の反乱

官僚達は民主党政権のとき自分達の権限を奪われると考え、民主党政権を潰す動きをした。
そして、第2次安倍内閣が誕生した。
しかし、この内閣は民主党政権に輪をかけて官僚たちの権限を奪い官僚達の首を絞め官僚達を顎で使うようになった。
次から次へと思い付きの案を出して、官僚達をきりきり舞いさせている。
その度に、官僚達は具体的な計画を練り予算化しなければならない。
やっと動き出したと思ったら、新しい案を持ち出されて労力が無駄になる。
うまくいかないと思っていても命令に逆らえば左遷されるので忸怩たる思いで仕事をしている。
総理の嫁まで嘴を突っ込んでくるが無視するわけにもいかない。
「上からの意向だ」と言われて不正まがいの方針を出し、悪事に加担させられる。
まるで、戦前に「恐れ多くも天皇のご意向なるぞ」と天皇をだしにして自分の利益のために跋扈した輩のようだ。
与党の意向を斟酌して便宜を図る者だけがどんどん出世していく。
大臣達は議会答弁もまともにできずに官僚たちに丸投げしている。
大臣の失言を取り繕うのにてんやわんやで、審議が深まるわけもなく。
それなら、大臣にしゃべらせない方が楽だということになり、官僚が答弁に立つ。
官僚達は野党の非難の矢面に立たされて、家族親族や知人にみっともない姿を晒される。
東大を出ていて小学生でも分かることが分からないのかと揶揄される。
家族親族は学校や職場でバカにされたり肩身の狭い思いをする。
訴訟を起こされて有罪になるかもしれない。
有罪になれば、これまで築き上げてきたキャリアを失い、最悪懲役刑を受ける。
斟酌で進められていたことすれば、政治家には類が及ばない。
官僚が勝手にやったことになる。
官僚達の堪忍袋の緒も切れるというものだ。
文科省からの機密文章流出もその一環かもしれない。



朴槿恵と安倍晋三

朴槿恵の父は満州国軍の士官からアメリカの引きで韓国大統領になった朴ヒョンヒ。
安倍晋三の祖父は満州国の官僚からアメリカの引きで日本の総理大臣になった岸信介。
朴槿恵は父の影響を安倍晋三は祖父の影響を強く受けている。
朴槿恵は権力の乱用により大統領の座を追われた。
韓国の国民は不正に対してきちんと対応した。
日本の国民は不正に対してきちんと対応できるのだろうか。
安倍晋三は朴槿恵とは馬の合う関係に見えた。
朴槿恵という協力者を失った安倍晋三はどうなるのだろうか。
北朝鮮から弾道ミサイル実験や核実験という応援がなくなったらどうするのだろうか。
日本国民の目は北朝鮮から国内問題に向いてくる。
安倍政権にとって朝鮮半島の緊張緩和は向かい風になるだろう。

安倍首相の片思い?

トランプ大統領が初の外遊をする。
ヨーロッパと中東を訪問するとのこと。
安倍首相が真っ先にトランプに会いに行ったのに、ゴルフもしたのに。
どうして、「蜜月」の日本にいの一番に来ないのだ。
北朝鮮対応には自衛隊の護衛艦を出して米空母を護衛したのに。
日本からの鉄鋼製品に対してダンピング認定したり、北朝鮮と秘密協議をしたり。
あまりにも、ひどい仕打ちが続く。
安倍首相の片思いぶりが目立つ。
韓国大統領選では対北朝鮮融和を公約にしている文大統領候補が優勢になっている。
安倍首相は対北朝鮮への軍事的圧力強化派だ。
軍事衝突した場合の日本の甚大な被害を想定する思考力が欠落しているようだ。
中国の習・ロシアのプーチン・韓国の文が話し合いによる解決を要求している。
そして、トランプが話合いを言い出している。
安倍首相だけが取り残された。
平和憲法を持つ日本だけが取り残されたというのはなんという皮肉だろうか。


 | ホーム |  »